« December 2013 | Main | June 2014 »

January 2014

2014.01.14

デモテープ会

昨日は、田中公平先生主催のデモテープを聴く会、に参加するために阿佐ヶ谷まで行ってきました。

電車の乗り換えでちょいと手間取りましたがw、無事予定時間に到着。

近くにあったハンバーグ屋さんで昼食をとって、会場に向かいました。

欲しかったCDも無事ゲットし、整理券番号順に入場し(見知った方、多数ww)、席につきました。

一人ワンオーダー必須、という決まりなので、当方はウーロン茶とチーズクラッカーをチョイス。

公平先生は「ブログで言われたように」、開始10分前に登場。

今回は助手の方が1名、いらっしゃいます。


で・・・・録音録画はもちろん禁止だけど、セットリストも公開禁止


理由は没曲やらレア曲やらをこれからかけるので、著作権などのいろんな手続きが発生すると、その、色々とめんどいから。

まぁ、確かに
後半には、最悪名誉棄損罪になるようなものとか、肖像権でアウトでしょう、なものがありましたしねぇ^^;;;

逆に書いていいのは

サクラ大戦の全部のOP、EDをかけました

これは初代ゲキテイに始まり、君あるも含め、奏まで続く、文字通「全部」でした。

この段階では歌詞が1番しかなかったとか、そういう裏話も多数交えながら、本当に楽しそうに解説されていました。

ただし歌い手に対する「愛ゆえの辛口コメント」は時に「激辛」になり・・・・これが「公平先生はSだ」というツィートが流れた原因では?と思います。

特に奏のキャストの皆様に対しては、「奏は育ゲーだから」とおっしゃるように、激辛コメが多かったような?^^;;

しかし!
「ちゃんと育てるから貢がせて下さい!」とツィートしたカナディアンもいて、さすが、と思いましたです(余談)


解説の中で、アレンジ担当の根岸さんを高く評価されている事も判明しました。

だから根岸さんが存分にアレンジ出来るように、「ピアノと歌だけの」デモテがあるのだと。


逆に、筆が遅い広井王子さんに対しては、その・・・辛口コメがちらほらちら^^;;

「この段階では歌詞が数行しかなかったから、私が膨らませた」とか、もう、ぶっちゃけ発言のオンパレード。

しかし「でも、ここからちゃんと完成させたんだから、すごいよね」と持ち上げることも忘れていませんでした。


曲先行でなく歌詞先行が多かったからこういう会が開けたとか、キーワードだけもらって作った曲があるとか、そういうお話も出ました。

ちょっとした職権乱用wとか、そういうお話もありましたけどねぇ。


曲先行の曲はみんな「歌はラララ」なのですが、公平先生はいつも「こんな歌詞が入るといいなぁ」と思いながら曲を作っている、そういう作曲裏話も出てきました。

曲を作りながら思わず泣いちゃった歌詞があるとか、作詞家の藤原先生は作品を深く読み込んで作詞するんで、原作本への書き込みがすごいんですよ、という話も飛び出しました。

デモテープの段階でハーモニーも入れたけど・・・・・
CD番では入れなかった曲、逆に「3度だったのに4度になった」曲の話もw


作品は、サクラ大戦以外にも沢山あった、とだけしか書けないのが辛いところですねぇ^^;;


ライブの最後に、関係者の某氏を壇上に呼び、その・・・・一緒に歌っちゃったので、会場はヒートアップ!

でも「それ以上は書けません」としか言えないのが辛いところですねぇ^^;;;

最後に公平先生は「次は関西で」とおっしゃって、幕になりました。


本当に素晴らしい会でした。

語れない事が多すぎて、その・・・・別の意味で大変でしたが、楽しかったですねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | June 2014 »